ふじさわ防災ナビ〜防災気象情報
気象情報

大雪に関する神奈川県気象情報

令和2年01月17日 16時50分横浜地方気象台発表

神奈川県では、17日夜のはじめ頃から18日昼前にかけて雪や雨が降り、西部では大雪となり、東部でも積雪となる所がある見込みです。大雪や路面凍結による交通障害、架線や電線および樹木への着雪、風雪および強風等に注意してください。

[気象概況]
 日本の南には発達中の低気圧があって、東北東へ進んでいます。この低気圧は18日にかけて伊豆諸島付近を通過し、発達しながら日本の東に進むでしょう。また、関東甲信地方の上空約1500メートルには、氷点下6度前後の寒気が流れ込む見込みです。

[防災事項]
 神奈川県では、17日夜のはじめ頃から18日昼前にかけて雪や雨が降り、西部の山地(標高500メートル以上)および平地では大雪となり、東部でも積雪となる所がある見込みです。
 なお、予想より気温が低くなった場合には、東部でも降雪量がさらに増える可能性があります。
 大雪や路面凍結による交通障害、架線や電線および樹木への着雪、風雪および強風等に注意してください。また、時間に余裕を持った行動を心がけてください。

[雪の予想]
18日18時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で
 東部     1センチ
 西部の平地  5センチ
 西部の山地 10センチ
の見込みです。

[補足事項]
 今後発表する注意報、気象情報等に留意してください。
 この情報は「雪に関する神奈川県気象情報」を引き継ぐものです。
 次の「大雪に関する神奈川県気象情報」は18日6時頃発表の予定です。