ふじさわ防災ナビ〜防災気象情報
気象情報

大雨と高波及び突風に関する神奈川県気象情報

令和元年06月16日 05時55分横浜地方気象台発表

神奈川県では、大雨による災害のおそれはなくりましたが、16日夕方まで高波に警戒し、16日夜のはじめ頃にかけて強風に注意してください。

[気象概況]
 佐渡の西には前線を伴った低気圧があって北東に進んでおり、17日朝には千島近海に達する見込みです。この低気圧の影響で、神奈川県では南よりの風が強まり、海上はしけています。

[雨の実況]
 降り始め(14日22時)から16日5時までの雨量(アメダス速報値)は
 箱根        115.5ミリ
 山北町丹沢湖     66.5ミリ
 相模原市相模湖    61.0ミリ
 相模原市中央     61.0ミリ
などとなっています。

[防災事項]
<高波・強風>
 神奈川県では、16日夜のはじめ頃にかけて、海上を中心に風が強く、波が高い状態が続くでしょう。
 16日に予想される波の高さは、
  相模湾          4メートル
  東京湾(三浦半島)    4メートル
  東京湾(横浜・川崎)   1.5メートル
の見込みです。
 16日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
  陸上  12メートル(25メートル)
  海上  17メートル(30メートル)
の見込みです。
 神奈川県では、16日夜のはじめ頃にかけて高波や強風に注意してください。船舶等の交通機関や沿岸施設に影響が出るおそれがありますので、十分に注意してください。特に、三浦半島の東京湾側では、16日夕方にかけて高波に警戒してください。

[補足事項]
 今後、発表する警報、注意報等に留意してください。
 これで「大雨と高波及び突風に関する神奈川県気象情報」は終了します。