ふじさわ防災ナビ〜防災気象情報
気象情報

発達する熱帯低気圧に関する神奈川県気象情報

令和4年09月22日 12時33分横浜地方気象台発表

日本の南の熱帯低気圧は、発達しながら北上して、今後24時間以内に台風となる見込みです。24日から25日にかけて関東甲信地方に接近するおそれがあります。神奈川県では、台風の進路によっては警報級の大雨となる可能性があります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。

[気象状況と予想]
 22日9時の観測によると、熱帯低気圧が日本の南にあって、1時間におよそ25キロの速さで北西へ進んでいます。中心の気圧は1006ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は15メートル、最大瞬間風速は23メートルとなっています。
 熱帯低気圧は日本の南を発達しながら北上し、今後24時間以内に台風となり、24日から25日にかけて関東甲信地方に接近するおそれがあります。

[防災事項]
 神奈川県では、熱帯低気圧から変わる台風の影響で暖かく湿った空気が入るため、大雨となるおそれがあります。これまでに降った雨の影響もあり、25日にかけて、台風の進路によっては警報級の大雨となる可能性があります。
 土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、強風、高波、落雷、突風に注意してください。

[量的予想]
<雨の予想>
 22日12時から23日12時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  東部 50ミリ
  西部 60ミリ
 その後、23日12時から24日12時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
  東部  50から100ミリ
  西部 100から150ミリ
 その後、25日にかけて降水量はさらに増える見込みです。

[補足事項]
 今後発表する防災気象情報に留意してください。
 また、土砂災害や浸水害及び洪水害の危険度に関しては「気象庁ホームページ」のキキクル(危険度分布)をご確認ください。
 次の「発達する熱帯低気圧に関する神奈川県気象情報」は、22日17時頃に発表する予定です。