ふじさわ防災ナビ〜防災気象情報
気象情報

令和元年 台風第10号に関する神奈川県気象情報

令和元年08月13日 17時25分横浜地方気象台発表

超大型の台風第10号の影響により、三浦半島の東京湾側では、14日夜のはじめ頃から16日にかけて、うねりを伴った高波に警戒してください。相模湾でもうねりを伴った高波に注意してください。

[台風の現況と予想]
 超大型の台風第10号は、13日15時には種子島の南東にあって、1時間におよそ15キロの速さで西北西へ進んでいます。中心の気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心から半径330キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。
 台風は、今後、やや発達しながら北よりに進路を変えて、15日には四国地方や九州に上陸し、西日本を縦断する見込みです。その後、速度を速めながら、16日朝には日本海に達し、次第に温帯低気圧の性質を帯びつつ、17日にかけて北日本へ接近する見込みです。

[防災事項]
<高波・強風・高潮>
 台風の影響で、相模湾や三浦半島の東京湾側では、うねりを伴い波が高くなっています。
 台風の北上に伴い、15日には、海上で風がやや強くなり、相模湾や三浦半島の東京湾側ではうねりを伴いしける見込みです。
 14日から17日にかけて大潮の時期にあたるため平常時の潮位が高くなっており、台風の進路次第ではさらに潮位が高くなるおそれがあります。
 三浦半島の東京湾側では、14日夜のはじめ頃から16日にかけて、うねりを伴った高波に警戒し、相模湾でもうねりを伴った高波に注意してください。また、神奈川県では、海上を中心に強風に、海岸や河口付近の低地での高潮に注意してください。

<大雨・雷>
 神奈川県では、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となるため、雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨が降り、14日から16日にかけて、神奈川県西部の山地を中心に大雨となる見込みです。低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水、落雷、突風に注意してください。

[量的予想]
<波の予想>
 13日から14日にかけて予想される波の高さは、うねりを伴って
  相模湾        3メートル
  東京湾(三浦半島)  3メートル
  東京湾(横浜・川崎) 1メートル
 の見込みです。15日には相模湾や東京湾(三浦半島)でうねりを伴いしける見込みです。

<雨の予想>
 14日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  東部   40ミリ
  西部   80ミリ
 15日18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、
  東部   50から100ミリ
  西部  100から150ミリ

[補足事項]
 三浦半島の東京湾側では、14日夜のはじめ頃までに波浪警報を発表する可能性が高くなっています。相模湾では、15日に波浪警報を発表する可能性があります。
 今後発表する台風情報、警報、注意報、気象情報に留意してください。
 次の「令和元年 台風第10号に関する神奈川県気象情報」は、14日6時頃に発表する予定です。