ふじさわ防災ナビ〜防災気象情報
気象情報

高波と強風に関する神奈川県気象情報

令和2年01月08日 17時12分横浜地方気象台発表

神奈川県では、8日夜遅くまで海上を中心に非常に強い風が吹き、しける所がある見込みです。三浦半島の東京湾側では、9日未明まで高波に警戒してください。

[気象状況と予想]
 発達した低気圧が日本海中部を東へ進んでおり、低気圧からのびる寒冷前線は関東地方の東海上に抜けました。低気圧は、8日夜には東北地方に接近し、前線上の三陸沖で別の低気圧が発生して東へ進むでしょう。このため日本付近は9日にかけて、一時的に強い冬型の気圧配置となるでしょう。

[防災事項]
<高波・強風>
 神奈川県では、8日夜遅くまで海上を中心に非常に強い風が吹き、しける所がある見込みです。
 東京湾(三浦半島)では、9日未明まで高波に警戒してください。相模湾、東京湾(横浜・川崎)では、9日明け方まで高波に注意が必要です。
 また、神奈川県では、9日明け方まで強風に注意してください。

<雷・突風>
 神奈川県では、落雷、竜巻などの激しい突風のおそれはなくなりました。

[量的予想]
<波の予想>
8日から9日にかけて予想される波の高さは、
 東京湾(横浜・川崎) 1.5メートル
 東京湾(三浦半島)  4メートル
 相模湾        4メートル
の見込みです。

<風の予想>
8日から9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、
 陸上 18メートル(30メートル)
 海上 22メートル(35メートル)
の見込みです。

[補足事項]
 今後、発表する警報や注意報、気象情報等に留意してください。
 この情報は「高波と強風及び雷に関する神奈川県気象情報」を引き継ぐものです。
 次の「高波と強風に関する神奈川県気象情報」は、9日6時頃に発表する予定です。